カバネルの似顔絵

カバネルのイラスト

アレクサンドル・カバネル

Alexandre Cabanel
(1823-1889)
フランス・アカデミズムの画家

モンペリエ出身。エコール・デ・ボザールでピコに学び、22歳でローマ賞を受賞してイタリアへ留学。1863年のサロン出品作「ヴィーナスの誕生」がナポレオン3世の購入となり名声を確立した。以後、母校の教授、サロンの審査員としてアカデミーの伝統を堅持し、後に印象派と呼ばれる前衛画家に敵視される。古典主義的な作風で歴史画・神話画・肖像画を手掛け、生前は数々の名誉を得ていたが、死後は近代美術の台頭に伴って評価を下げられた。

関連人物

  • ピコ(画家):師。ダヴィッドの弟子。
  • アングル(画家):カバネルが影響を受けた。
  • ナポレオン3世(フランス皇帝):庇護者。
  • ブグロー(画家):ピコの同門で、共にアカデミズムを主導した。
  • カリエール(画家):弟子。
  • コラン(画家):弟子。黒田清輝、久米桂一郎らの師。
  • コット(画家):弟子。
  • コルモン(画家):弟子。
  • マネ(画家):印象派の先駆としてしばしば比較される。
  • ゾラ(小説家):マネを擁護し、アカデミズムを批判。

参考資料

  • カバネル:自画像(ファーブル美術館蔵)

参考リンク

(2012/07/12 改作)