コローの似顔絵

コローのイラスト

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー

Jean-Baptiste-Camille Corot(1796-1875)
フランス・バルビゾン派の画家

パリ出身。織物商の子として修業をするが、父の許しを得て画家の道へ転向。バルビゾンやフォンテーヌブロー、またイタリア各地を旅行して制作活動し、次第に風景画家としてサロンで注目を集める。当初はイタリア滞在で得た明るい色調の作風だったが、1850年頃から銀灰色を帯びた空想的で抒情的な絵を描く。1855年のパリ万博でグランプリを受賞し、風景画の第一人者として名声を確立。風景画以外に「真珠の女」などの人物画でも傑作を残した。

関連人物

  • ミシャロン(風景画家):師。
  • ベルタン(風景画家):師。
  • ミレー(画家):バルビゾン派。
  • ルソー(画家):バルビゾン派。
  • ドービニー(画家):バルビゾン派。
  • ピサロ(画家):弟子。
  • モリゾ(画家):弟子。
  • ルノワール(画家):コローから影響を受けた。
  • ドーミエ(画家):コローの支援を受けた。

参考リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする