リンネの似顔絵

リンネのイラスト

カール・フォン・リンネ

Carl von Linne(1707-1778)
スウェーデンの博物学者

スモーランド出身。ルンド大学で医学を修め、ウプサラ大学で植物学を研究。1735年に発表した「自然の体系」で、植物の分類を雄しべと雌しべを基準にする体系を提唱した。のち医者を開業し、母校ウプサラ大学の教授職に就任。53年出版の「植物の種」では、動植物の学名を属名と種名の二つのラテン語で表す二命名法を確立する。「分類学の父」と称された。

関連人物

  • ツンベルク(博物学者):ウプサラ大学の弟子。
  • ヘッケル(生物学者):動物界・植物界・原生生物界の三界説を提唱。

(2012/05/20 改作)