カール大帝の似顔絵

2017/06/06

カール大帝,シャルルマーニュのイラスト

カール大帝 / シャルルマーニュ

Karl der Große / Charlemagne(742-814)
カロリング朝フランク国王
「西ローマ皇帝」

ピピン3世の長男。ランゴバルド王国を滅ぼし、北東のザクセン人を屈服させてゲルマン諸民族を統合。さらに遊牧民のアヴァールやイスラーム教徒も撃退し、西ヨーロッパをほぼ統一。800年に教皇から西ローマ皇帝として戴冠される。集権的な支配をするため全国を州に分け、地方の有力豪族を伯に任命し、巡察使に監督させた。またローマ・カトリックに基づく統治を進めて古典古代の学術文化を奨励、その文化の隆盛は「カロリング朝ルネサンス」と呼ばれる。

関連人物

  • カール・マルテル(フランク王国宮宰):祖父。トゥール・ポワティエ戦で活躍。
  • ピピン3世(フランク国王):父王。メロヴィング朝を廃し、カロリング朝を創始。
  • カールマン1世(フランク国王):弟王。カールと共同統治していたが早世。
  • ルートヴィヒ1世(フランク国王):王子。
  • デシデリウス(ランゴバルド国王):義父。フランク王国に敗れて捕虜となった。
  • ウィドゥキント(ザクセン指導者):フランク王国との交戦の末に降伏。
  • レオ3世(ローマ教皇):カールにローマ皇帝の冠を授けた。
  • ミカエル1世(ビザンツ皇帝):812年にカールの皇帝就任を承認。
  • アルクィン(人文学者):カールに招かれ、王国の教育・宗教行政を整備。
  • アインハルト(宮廷学者):アルクィンの後継。政治顧問として活躍。

作品提供

-似顔絵, 世界の人物, イタリア, ドイツ, フランス
-,