モンテスキューの似顔絵

モンテスキューのイラスト

シャルル・ド・モンテスキュー

Charles-Louis de Montesquieu(1689-1755)
フランスの啓蒙思想家・法学者

ボルドー近郊出身。ボルドー大学で法学を修めてパリへ遊学。父の死後に帰郷し、高等法院に勤めながら著作を始め、匿名の風刺小説「ペルシャ人の手紙」でフランスの社会と政治を批判して成功を収めた。のちヨーロッパ旅行に出て各国を視察し、1748年に大作「法の精神」を刊行。共和制・君主制・専制について論じ、国家権力を立法・行政・司法に分割する権力分立(三権分立)を提唱、フランス革命やアメリカ憲法などに大きな影響を与えた。

関連人物