シャノンの似顔絵

シャノンのイラスト

クロード・シャノン

Claude Elwood Shannon(1916-2001)
アメリカの電気工学者・数学者

ミシガン州出身。ミシガン大学卒業後、MITで電気工学と数学を修得。ベル電話研究所を経て、1957年にMIT教授に就任。1948年発表の論文「通信の数学的理論」で情報伝達の数学的処理を体系化し、情報のエントロピー、冗長性、相互情報量、通信路容量などの概念を導入、情報理論の創始者となった。情報量の単位ビットを初めて用いた事でも知られる。

関連人物

  • ブッシュ(電気工学者):MITの研究室の上司。
  • ウィーナー(数学者):交流。サイバネティックスの提唱者。
  • チューリング(数学者):交流。
  • サザランド(計算機科学者):MITの教え子。CGの先駆者。