コンスタンティヌス大帝の似顔絵

コンスタンティヌス1世のイラスト

コンスタンティヌス1世

Constantinus I(272?-337)
コンスタンティヌス朝ローマ皇帝

モエシア属州(セルビア)出身。ディオクレティアヌス帝の下で軍務に就き、父の没後に四分治制に参画、帝国の支配権を巡る内乱を制して単独の皇帝として再統一した。統一維持のため、313年にミラノ勅令を発してキリスト教を公認。教義論争に際しては、325年のニカイア公会議でアリウス派を異端として裁定、後の三位一体説の確立に寄与する。330年にはビザンティウムに遷都し(コンスタンティノープル)、巨大な官僚体制を築いて専制君主制を強化した。

関連人物

  • ディオクレティアヌス(東方正帝):主。専制君主制を創始して四分治制を導入。
  • ガレリウス(東方正帝):上官。四分治制の指導者。
  • コンスタンティウス1世(西方正帝):父。
  • セウェルス(西方正帝):内乱で敗死。
  • マクセンティウス(簒奪皇帝):内乱で敗死。
  • リキニウス(東方正帝):内乱で敗死。
  • アタナシウス(神学者):キリストと神の同質性を唱え、正統教義とされた。
  • アリウス(神学者):キリストの神性を否定し、異端とされた。
  • エウセビオス(教会史家):コンスタンティヌスの伝記を執筆。
  • テオドシウス(ローマ皇帝):392年にアタナシウス派キリスト教を国教化。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする