マネの似顔絵

マネのイラスト

エドゥアール・マネ

Édouard Manet(1832-1883)
フランスの画家

パリ出身。アカデミズムの画家クチュールの画塾に学びながら、各地を旅行して古典絵画を研究する。1863年の落選展に出品した「草上の昼食」、さらに65年のサロン出品作「オランピア」における非神話的な裸体表現でスキャンダルを巻き起こした。一方、サロンの風潮を嫌う若手(後の印象派)に慕われ交流を深める。明快な色彩と平面的な処理、素早い筆致による都会的で洗練された画風は印象派と共有するが、あくまで独立した立場でサロンへ挑戦し続けた。

関連人物

  • クチュール(画家):師。
  • ベラスケス(画家):マネに影響を与えた。
  • ゴヤ(画家):マネに影響を与えた。
  • ティツィアーノ(画家):マネに影響を与えた。
  • モネ(画家):友人。
  • ドガ(画家):友人。
  • モリゾ(画家):友人で義妹。マネのモデルを務めた。
  • ボードレール(詩人):友人。マネの支持者。
  • ゾラ(小説家):友人。マネの支持者。
  • マラルメ(詩人):友人。

参考リンク

(2011/10/28 改作)