ムンクの似顔絵

ムンクのイラスト

エドヴァルド・ムンク

Edvard Munch(1863-1944)
ノルウェーの画家

ヘードマルク県出身。早くに家族を結核で失い、生来の病弱さと相まって身近に死を感じる日々を過ごす。オスロの美術学校に学び、前衛作家のグループと交流。1889年にパリへ出て、ボナのアトリエに入った。この頃から後期印象派や日本の木版画などから影響を受け、愛・死・不安などを主題とした連作「生命のフリーズ」を手掛ける。後年は病気療養を経て明るい色彩になり、文学的・心理的情感が顕著になった。油彩画以外に版画でも多くの作品を残した。

関連人物

  • クローグ(写実主義の画家):オスロ時代の師。
  • ボナ(画家):パリ時代の師。
  • ピサロ(画家):ムンクが影響を受けた。
  • ロートレック(画家):ムンクが影響を受けた。
  • ゴーギャン(画家):ムンクが影響を受けた。
  • ゴッホ(画家):ムンクが影響を受けた。
  • ストリンドベリ(小説家):ベルリンで交流。
  • マラルメ(詩人):パリで交流。

参考リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする