バーン=ジョーンズの似顔絵

2014/05/24

バーン・ジョーンズのイラスト

エドワード・バーン=ジョーンズ

Edward Coley Burne-Jones(1833-1898)
イギリス・ラファエル前派の画家・デザイナー

バーミンガム出身。聖職者を志してオックスフォード大学に学ぶが、モリスやロセッティらとの交流を通じて画家の道へ転向。イタリア旅行でボッティチェッリやマンテーニャなどの作品を研究し、アーサー王伝説やギリシャ神話に取材した作品を制作。整然とした構図、硬質な描線、華麗な色彩を特徴とする幻想的な作風で、ラファエル前派の様式を継承した。絵画作品の他にステンドグラスやタペストリー、宝飾品、舞台衣装などの下絵も手掛けた。

関連人物

  • モリス(デザイナー):友人。
  • ロセッティ(画家・詩人):ロセッティが影響を受けた。
  • ラスキン(美術評論家):ラファエル前派の思想的指導者。
  • マンテーニャ(画家):イタリア滞在で影響を受けた。
  • ボッティチェッリ(画家):イタリア滞在で影響を受けた。
  • ミケランジェロ(芸術家):イタリア滞在で影響を受けた。
  • キップリング(小説家):甥。
  • ビアズリー(挿絵画家):バーン=ジョーンズの助言で画家を目指した。

-似顔絵, 世界の人物, イギリス
-