光明皇后の似顔絵

光明皇后,藤原光明子のイラスト

光明皇后 / 藤原安宿媛

こうみょうこうごう / ふじわらのあすかべひめ(701-760)
聖武天皇の皇后

藤原不比等の娘。母は橘三千代。16歳で首皇太子(聖武天皇)の妃。729年の長屋王の変後、臣下の身としては異例の皇后になった。悲田院・施薬院などの福祉施設を設けたほか、東大寺・国分寺・国分尼寺の創建を天皇に勧めるなど、仏教興隆に尽力。749年、娘の即位(孝謙天皇)に伴い皇太后となり、紫微中台を設置、甥の仲麻呂を長官に任じて国政に影響力を持った。晩年に聖武の遺愛の品を東大寺大仏に献納、後世に正倉院宝物となった。

我が背子と ふたり見ませば いくばくか この降る雪の 嬉しくあらまし

あなたと二人で見ることができたら、
どんなにかこの降る雪が嬉しく思えたでしょう。

「万葉集」
巻第八・第1658番
行幸中の聖武天皇に献じた歌

関連人物

参考資料

  • 小泉淳作:「光明皇后御影」(東大寺蔵)

参考リンク