シュレーディンガーの似顔絵

シュレーディンガー,シュレージンガーのイラスト

エルヴィン・シュレーディンガー

Erwin Schroedinger(1887-1961)
オーストリアの理論物理学者

ウィーン出身。ウィーン大学を出て、1927年にベルリン大学教授となる。ナチスの台頭によりドイツを離れ、オックスフォード大学、グラーツ大学の教授職を歴任して、ダブリンへ落ち着いた。ド・ブロイの物質波の概念を元に、波動方程式を導き出して波動力学を展開。これをハイゼンベルクらの行列力学と同等である事を示し、量子力学の成立に貢献した。

関連人物

  • ハーゼノール(物理学者):ウィーン大学の師。
  • ボーア(理論物理学者):量子仮説を導入して原子構造を解明。
  • ド・ブロイ(理論物理学者):物質波の存在を理論的に予測。
  • ハイゼンベルク(理論物理学者):行列表示による量子力学を提唱。
  • ディラック(理論物理学者):相対論的な波動方程式を導き出した。
  • ポーリング(量子化学者):弟子。量子力学を化学に応用した。