江藤新平の似顔絵

江藤新平のイラスト

江藤新平

えとうしんぺい(1834-1874)
幕末の佐賀藩士、明治初期の政治家
初代司法卿

佐賀藩出身。枝吉神陽の下で尊皇思想の影響を受け、脱藩・上京して三条実美ら攘夷派公卿と接触。戊辰戦争後の新政府で文部大輔を経て司法卿となり、司法権の独立や警察制度の整備に努める。1873年に参議に任ぜられるが、征韓論を巡る政変に敗れて西郷隆盛らと共に下野、翌年に板垣退助らと民撰議院設立建白書に署名した。ほどなく佐賀征韓党の首領に擁立され憂国党と結んで挙兵するも、政府軍に鎮圧され、逮捕・処刑された(佐賀の乱)。

関連人物

  • 枝吉神陽(思想家):師。義祭同盟を設立し、藩内に尊皇思想を広めた。
  • 副島種臣(佐賀藩士):義祭同盟の盟友。後に新政府で参議・外務卿。
  • 大隈重信(佐賀藩士):義祭同盟の盟友。後に新政府で参議・大蔵卿。
  • 大木喬任(佐賀藩士):義祭同盟の盟友。後に新政府で参議・文部卿。
  • 島義勇(佐賀藩士):憂国党党首。江藤と結んで佐賀の乱を起こした。
  • 岩倉具視(新政府首脳):征韓論問題で内治優先を掲げ、征韓派を退けた。
  • 大久保利通(新政府首脳):政敵。政府軍指揮官として佐賀の乱を鎮圧。
  • 西郷隆盛(新政府参議):征韓論問題による政変で共に辞職。
  • 板垣退助(自由党総理):下野後、江藤らと共に民撰議院設立建白書に署名。
  • 井上馨(大蔵大輔):政敵。江藤から予算問題や汚職事件を追及され辞職。