ブーシェの似顔絵

2014/05/24

ブーシェのイラスト

フランソワ・ブーシェ

François Boucher(1703-1770)
フランス・ロココ時代の画家

パリ出身。図案家の父に絵画の基礎を習い、ルモワーヌの下で修業する。20歳でローマ賞を受賞し、イタリア留学を経て王立アカデミーに迎えられた。以後、ポンパドゥール夫人らの庇護を受け、王宮内を装飾する神話画や肖像画、寓意画などを量産。華麗かつ甘美な作風でロココ時代の最盛期を現出し、1765年には国王ルイ15世の主席画家、またアカデミー会長に上り詰める。絵画のほか壁面装飾や舞台装飾、タピスリーや陶磁器の下絵なども手掛けた。

関連人物

  • ルモワーヌ(宮廷画家):師。
  • ヴァトー(画家):ブーシェが影響を受けた。
  • ティエポロ(画家):ブーシェが影響を受けた。
  • ルーベンス(画家):ブーシェが影響を受けた。
  • ルイ15世(フランス王):庇護者。
  • ポンパドゥール夫人(国王の公妾):庇護者。
  • ディドロ(思想家):ブーシェの技量を認めつつ、リアリティの無さを批判。
  • フラゴナール(画家):弟子。
  • ルノワール(画家):ブーシェの影響を受けた。

参考リンク

-似顔絵, 世界の人物, フランス
-