シラーの似顔絵

シラー,シルレルのイラスト

フリードリヒ・フォン・シラー

Johann Christoph Friedrich von Schiller(1759-1805)
ドイツの詩人・劇作家・思想家

ヴュルテンベルク公国出身。軍人学校在学中にシェイクスピアやゲーテ、シュトゥルム・ウント・ドラング期の文学の影響を受け、1781年に処女作「群盗」を発表。亡命生活を経てヴァイマルへ移り、ギリシャ悲劇やカント哲学を研究しながら多くの美学論文を著す。94年以降、ゲーテと急速に親交を深め、互いに協力してドイツ古典主義文学を確立。雄渾で典雅、英雄的・理想主義的な理念を打ち出した国民的詩人として、ゲーテと並び称された。

冗談は、言った本人が笑うと台無しになる。

「フィエスコの反乱」

関連人物

  • シェイクスピア(劇作家):シラーが影響を受けた。
  • カント(哲学者):シラーが影響を受けた。
  • ゲーテ(詩人):友人。親交を深めながら互いに影響を与えた。
  • ヘルダーリン(詩人):シラーの影響を受けた。
  • ジャンヌ・ダルク(百年戦争期の軍人):シラーが戯曲の題材とした。
  • ヴァレンシュタイン(三十年戦争期の軍人):シラーが戯曲の題材とした。
  • ベートーヴェン(作曲家):詩「歓喜の歌」を改作し、交響曲第9番に採用。
  • シューベルト(作曲家):シラーの詩に付曲。
  • ロッシーニ(作曲家):戯曲「ヴィルヘルム・テル」をオペラ化。
  • ヴェルディ(作曲家):戯曲「ドン・カルロス」をオペラ化。

(2011/07/31 改作)