藤原泰衡の似顔絵

2014/05/25

藤原泰衡のイラスト

藤原泰衡

ふじわらのやすひら(1155?-1189)
平安末期~鎌倉初期の武将
奥州藤原氏第4代当主

藤原秀衡の嫡男。父の死後に家督を継ぎ、陸奥・出羽押領使となる。源頼朝の度重なる圧力に屈して父の遺言に背き、衣川館の源義経を急襲して自害へ追い込んだ。のち頼朝に服従を誓うも許されず、大軍を攻め込まれて平泉は陥落。夷狄島を目指して逃走するが、その途上で郎党の裏切りに遭い殺された。奥州藤原氏100年の栄華はここに潰えた。

関連人物

  • 藤原秀衡(第3代当主):父。義経を主として一族が結束するよう遺言した。
  • 藤原基成(貴族):外祖父として泰衡を補佐。平泉陥落後に捕縛された。
  • 源義経(反鎌倉方の武将):泰衡に衣川館を襲撃され自害した。
  • 弁慶(義経の郎党):泰衡の襲撃に応戦し、立ち往生したとされる。
  • 藤原国衡(陸奥の武将):庶兄。奥州合戦で鎌倉軍を迎え撃つが大敗。
  • 藤原忠衡(陸奥の武将):異母弟。義経派についたため、泰衡に誅殺された。
  • 源頼朝(源氏の棟梁):義経征討後、自ら大軍を率いて奥州平定に当たった。
  • 畠山重忠(鎌倉御家人):奥州合戦で頼朝率いる大手軍の先陣。
  • 比企能員(鎌倉御家人):奥州合戦で北陸道を進軍。
  • 千葉常胤(鎌倉御家人):奥州合戦で東海道を進軍。

参考資料

  • 「源義経公東下り絵巻」より(中尊寺蔵)

-日本の人物, 似顔絵, 平安時代, 鎌倉時代
-