二葉亭四迷の似顔絵

二葉亭四迷のイラスト

二葉亭四迷

ふたばていしめい(1864-1909)
明治時代の小説家・翻訳家

江戸市ヶ谷出身。東京外国語学校でロシア語を学ぶ。中退後、坪内逍遥と交流を結び、その勧めで「小説総論」を発表。次いで1887年から「浮雲」を執筆し、言文一致体による写実主義小説を先駆した。のち官吏、語学教師などを経て朝日新聞社に入り、「其面影」「平凡」を発表。1908年に特派員としてロシアへ赴任するが、肺病を患って帰国途上の船上で客死した。自作のほかツルゲーネフなどのロシア文学を翻訳・紹介し、多くの作家に影響を与えた。

関連人物

  • 坪内逍遥(小説家・評論家):交友。
  • 内田魯庵(評論家):交友。
  • ジュコーフスキー(詩人・翻訳家):四迷が翻訳の手本とした。
  • ツルゲーネフ(小説家):「あひゞき」「めぐりあひ」などを翻訳。
  • トルストイ(小説家):翻訳を手掛けた。
  • アンドレーエフ(小説家):翻訳を手掛けた。
  • ゴーゴリ(小説家):翻訳を手掛けた。
  • ゴーリキー(小説家):翻訳を手掛けた。
  • ガルシン(小説家):翻訳を手掛けた。