ドストエフスキーの似顔絵

ドストエフスキーのイラスト

フョードル・ドストエフスキー

Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky(1821-1881)
ロシアの小説家・思想家

モスクワ出身。工兵学校卒業後、1846年発表の処女作「貧しき人々」が絶賛され、若くして文名を確立。しかし空想的社会主義サークルに参加したため、政治犯としてシベリアへ流刑となった。帰還後、雑誌出版をしながら創作を続けて文壇に復帰。以降、「罪と罰」「白痴」「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」などの長編群を発表。混迷する社会を背景に、神の問題を中心に人間存在の根本問題を提起し、20世紀の文学・思想に大きな影響を与えた。

関連人物

  • シラー(詩人):若きドストエフスキーが特に愛読した。
  • プーシキン(小説家):ドストエフスキーが影響を受けた。
  • ゴーゴリ(小説家):ドストエフスキーが影響を受けた。
  • ベリンスキー(文芸批評家):「貧しき人々」を賞賛したが、後に不和となった。
  • ペトラシェフスキー(外務官僚):空想的社会主義サークルを主宰。
  • トルストイ(小説家):ドストエフスキーが「アンナ・カレーニナ」を絶賛した。
  • バフチン(哲学者):ドストエフスキーの創作原理を研究・評価した。
  • ベルジャーエフ(哲学者):ドストエフスキーの世界観を研究。
  • 内田魯庵(評論家):「罪と罰」を翻訳。
  • 二葉亭四迷(小説家):ドストエフスキーの影響を受けた。

(2011/06/11 改作)