ガレノスの似顔絵

ガレノスのイラスト

ガレノス

Galenos(129?-199?)
古代ギリシャ・ローマの医学者

小アジアのペルガモン出身。建築家の父から自然科学や哲学を学び、スミルナ、コリント、アレクサンドリアなどを旅して医学を修めた。故郷で剣闘士の診療に携わった後、ローマへ出て名医としての評判を獲得。皇帝マルクス・アウレリウスの軍医となり、後年は王子コンモドゥスの侍医を務めながら著作に当たった。動物の生体解剖によって実験生理学を先駆。古代の医学を集大成させ、近世初期までの1400年以上にわたり医学の権威として仰がれた。

関連人物

  • マルクス・アウレリウス(ローマ皇帝):ガレノスが侍医を務めた。
  • コンモドゥス(ローマ皇帝):ガレノスが侍医を務めた。
  • ヒポクラテス(医師):医学の父。ガレノスが継承。
  • イブン=シーナー(医学者):ガレノスの医学を批判的に継承。
  • ラブレー(作家・医師):ヒポクラテスやガレノスの文献を翻訳。
  • ヴェサリウス(解剖学者):実際の人体解剖によってガレノスの定説を訂正。
  • ハーヴェイ(医学者):「血液循環説」を唱えてガレノスの定説を訂正。