キリヌケ成層圏

歴史上の人物の似顔絵を切り絵で描くブログ(画風改造中)

ガーシュウィンの似顔絵

2014/10/06

ガーシュウィン,ガーシュインのイラスト

ジョージ・ガーシュウィン

George Gershwin(1898-1937)
アメリカの作曲家

ニューヨーク州出身。15歳で音楽出版社の店頭ピアニストとなり、作曲も始める。1919年の歌曲「スワニー」がアル・ジョンソンによってヒットし、20年代以降は作詞家の兄との共作で多くのポピュラーソングを送り出した。またクラシックにも取り組み、24年の「ラプソディ・イン・ブルー」は、グローフェの編曲でジャズとの融合に成功し、世界的な評価を獲得。ミュージカルやオペラ、映画音楽も手掛けるが、脳腫瘍のために38歳で急死した。

関連人物

  • アイラ・ガーシュウィン(作詞家):実兄。「アイ・ガット・リズム」などを作詞。
  • ゴールドマーク(作曲家):初期の師。ドヴォルザークの弟子。
  • シリンガー(作曲家):音楽理論の師。
  • グローフェ(作曲家):「ラプソディ・イン・ブルー」の管弦楽編曲を担当。
  • ラヴェル(作曲家):パリ旅行時に交流。
  • ストラヴィンスキー(作曲家):パリ旅行時に交流。
  • ミヨー(作曲家):パリ旅行時に交流。

-似顔絵, 世界の人物, アメリカ
-