タルティーニの似顔絵

タルティーニのイラスト

ジュゼッペ・タルティーニ

Giuseppe Tartini(1692-1770)
イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト

ピラーノ出身。両親から聖職者への道を定められ、パドヴァ大学で法律を学ぶ。しかし貴族の寵愛を受ける女性と結婚したため、アッシジの修道院へ逃れてヴァイオリニストへ転向。1721年にパドヴァのサンタントニオ聖堂の楽長に就任。ヴァイオリンの運弓法や重音奏法の改良に取り組んだほか、音楽学校の設立や音響学の理論研究にも貢献した。代表作としてヴァイオリン・ソナタ「悪魔のトリル」「捨てられたディド」がある。

関連人物

  • J.G.グラウン(ヴァイオリニスト・作曲家):弟子。
  • ナルディーニ(ヴァイオリニスト・作曲家):弟子。
  • プニャーニ(ヴァイオリニスト・作曲家):弟子。
  • ダッラピッコラ(作曲家):タルティーニの主題に基づいた作品を作曲。