クリムトの似顔絵

クリムトのイラスト

グスタフ・クリムト

Gustav Klimt(1862-1918)
オーストリアの画家

ウィーン近郊出身。美術工芸学校卒業後、弟と友人とで芸術家商会を設立し、劇場装飾などを手掛ける。1897年、組合の保守性に反発する面々とゼツェッション(分離派)を結成し、装飾的・象徴的な作風を強めた。黄金色を多用した平面的な画面構成で、世紀末独特の官能性の高い退廃美を表現して一世を風靡する。分離派脱退後はウィーン芸術連盟を創設。人気が陰り始めると装飾的様式を脱して色彩に活路を見出すが、脳梗塞と肺炎を併発して急逝した。

関連人物

  • クノップフ(画家):クリムトが影響を受けた。
  • ホドラー(画家):クリムトが影響を受けた。
  • ワーグナー(建築家):分離派。のち内部対立によりクリムトと共に脱退。
  • ホフマン(建築家):分離派。
  • オルブリッヒ(建築家):分離派。
  • モーザー(画家):分離派。
  • ロース(建築家):無装飾主義に立ち、分離派の装飾性を批判した。
  • シーレ(画家):クリムトの影響を受けた。
  • ココシュカ(画家):クリムトの影響を受けた。

参考リンク