樋口一葉の似顔絵

樋口一葉のイラスト

樋口一葉

ひぐちいちよう(1872-1896)
明治時代の小説家・歌人

東京出身。小学高等科中退後に中島歌子の私塾に入門し、和歌や古典を学ぶ。早くに兄と父を失い、一家の生計のため小説家の道を志す。半井桃水に師事し、1892年に処女作「闇桜」を発表。文芸雑誌「文学界」などに寄稿し、94年に「大つごもり」、翌年に「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」などを発表。同時代を生きる女性の悲哀を描き、森鴎外や幸田露伴らの賞賛を受けたが、結核により24歳の若さで死去。私小説的な日記も高く評価されている。

関連人物

  • 井原西鶴(浮世草子作者):一葉が影響を受けた。
  • 中島歌子(歌人):私塾「萩の舎」主宰。歌の師。
  • 三宅花圃(小説家):「萩の舎」同門。一葉が影響を受けた。
  • 半井桃水(小説家):小説の師。
  • 戸川秋骨(英文学者):「文学界」同人。
  • 平田禿木(英文学者):「文学界」同人。
  • 馬場弧蝶(英文学者):「文学界」同人。
  • 森鴎外(小説家):一葉を賞賛。
  • 幸田露伴(小説家):一葉を賞賛。
  • 鏑木清方(日本画家):一葉の肖像を描いた。