北条貞時の似顔絵

北条貞時のイラスト

北条貞時

ほうじょうさだとき(1272-1311)
鎌倉幕府第9代執権
北条家第8代得宗

得宗北条時宗の嫡男。父の死により14歳で執権に就任。得宗家執事で乳母夫の平頼綱の讒言によって有力御家人安達泰盛を滅ぼし、頼綱の専権時代の中で成長する。やがて頼綱を誅殺して実権を取り戻し、得宗専制を強化。御家人救済策として徳政令を発する一方、越訴を禁止して御家人の統制も図った。30歳で出家・隠退し、その後も得宗として実権を維持するが、内外に問題を抱えたまま次第に意欲を喪失、幕府は衰亡の道を歩み始めた。

関連人物

  • 北条時宗(第8代執権):父。元寇後の問題を抱えたまま早世。
  • 北条師時(第10代執権):従弟。貞時の出家により高時までの中継ぎを担当。
  • 北条高時(第14代執権):嫡男。最後の得宗。
  • 惟康親王(第7代将軍):主君。名目上の権威であり、成人後に更迭された。
  • 久明親王(第8代将軍):主君。惟康に代わって就任。成人後に更迭された。
  • 安達泰盛(有力御家人):外戚。御家人勢力の筆頭として貞時を補佐。
  • 北条顕時(北条氏一門):泰盛の娘婿。霜月騒動で謹慎後、貞時の信任を得て復権。
  • 平頼綱(内管領):乳母夫。泰盛派を滅ぼし、幕政を監察する専制政治を行った。
  • 北条宗方(内管領):従弟。連署北条時村を討ったとして誅殺された。
  • 長崎円喜(内管領):貞時臨終の際、幼い高時の後見を安達時顕と共に託された。