北条時政の似顔絵

北条時政のイラスト

北条時政

ほうじょうときまさ(1138-1215)
平安末期~鎌倉初期の武将
鎌倉幕府初代執権

伊豆の土豪の出身。平治の乱で流人となった源頼朝の監視役となる。のち娘政子を娶った頼朝の挙兵を支援し、代官として守護・地頭の権利を得るなど幕府創設に尽力する。頼朝の死後、合議制によって将軍頼家の独裁を抑え、その縁者の比企一族を滅ぼした。次いで新将軍に実朝を擁立し、執権として幕政の実権を掌握。さらに後妻の娘婿である平賀朝雅の擁立も謀るが露見し、政子・義時姉弟によって鎌倉から追放、伊豆へ隠居させられた。

関連人物

  • 源頼朝(初代将軍):婿。
  • 北条政子(将軍御台所):長女。当初は頼朝との結婚を反対されていた。
  • 北条義時(第2代執権):次男。畠山重忠の追討を機に父との対立が深まった。
  • 源頼家(第2代将軍):外孫。13人の合議制によって独裁を抑えられた。
  • 源実朝(第3代将軍):外孫。頼家・比企氏を排除するために擁立された。
  • 比企能員(有力御家人):頼家の舅。時政らの謀略で誘殺された。
  • 畠山重忠(有力御家人):婿。平賀朝雅の讒訴を受けて粛清された。
  • 平賀朝雅(有力御家人):婿。時政・牧の方夫妻の追放後に抹殺された。
  • 牧の方(時政の継室):後妻。時政と共謀して将軍廃立を企てるが失敗。
  • 運慶(仏師):時政の発願によって願成就院の諸仏を造った。

(2010/09/17 改作)