グロティウスの似顔絵

グロティウス,グローティウスのイラスト

フーゴー・グロティウス

Hugo Grotius(1583-1645)
オランダの法学者

デルフト出身。16歳で弁護士となり公職を歴任するが、政争に巻き込まれて投獄。のち脱出してパリへ逃れ、ルイ13世の庇護下で著述に専念した。主著「戦争と平和の法」で戦争の権利、原因、方法について述べ、自然法に基づく国際法を基礎づけた事から、「国際法の父」と称される。他に「捕獲法論」「自由海論」など。

関連人物

  • アリストテレス(哲学者)
  • キケロ(政治家・哲学者)
  • エラスムス(人文主義者)
  • ビトリア(神学者):グロティウスに先駆けて、国際法の基本理念を説いた。
  • スアレス(神学者):法哲学の理論でグロティウスに影響を与えた。
  • セルデン(法律家):グロティウスの「自由海論」に対し「封鎖海論」を著した。
  • ルイ13世(フランス王):庇護者。