カントの似顔絵

カントのイラスト

イマヌエル・カント

Immanuel Kant
(1724-1804)
ドイツ(プロイセン)の哲学者

ケーニヒスベルク出身。生地の大学で神学や哲学を学び、家庭教師を経て母校の教授となる。ライプニッツ=ヴォルフの形而上学、ニュートンの自然科学の影響を経て、ヒュームの懐疑主義やルソーに刺激され人間の問題を探究。人間の理性と判断力の性質とその限界を考察して「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」の三書にまとめる。認識論における主客関係の転換を自ら「コペルニクス的転回」と評した。ドイツ観念論の祖とされる。

関連人物

  • ライプニッツ(数学者・哲学者):カントに影響を与えた。
  • ヴォルフ(哲学者):カントに影響を与えた。
  • ニュートン(科学者):カントに影響を与えた。
  • ヒューム(哲学者):カントに影響を与えた。
  • ルソー(思想家):カントに影響を与えた。
  • ヤコービ(哲学者):論敵。
  • モーゼス・メンデルスゾーン(思想家):論敵。
  • ラプラス(天文学者):カントとは独立して太陽系起源の星雲説を提唱。
  • フィヒテ(哲学者):カントの影響を受けた。
  • シェリング(哲学者):カントの影響を受けた。
  • ヘーゲル(哲学者):カントの影響を受けた。
  • コペルニクス(天文学者)

参考資料

  • デブラー:カントの肖像(東プロイセン州博物館蔵)

参考リンク

(2017/08/09 改作)