岩倉具視の似顔絵

岩倉具視のイラスト

岩倉具視

いわくらともみ
(1825-1883)
幕末の公卿、明治時代の政治家
太政官右大臣・外務卿

堀河家出身。14歳で岩倉家の婿養子となる。皇女和宮の降嫁を進めるが尊攘派から排撃され一時謹慎、この間に薩長の倒幕派と結んで王政復古を実現させた。新政府では参与・議定・副総裁などを歴任し、廃藩置県にも尽力。1871年には特命全権大使として欧米諸国を歴訪、帰国後は大久保利通と組んで征韓論を退けた。晩年は自由民権運動の高まりに対し、憲法制定の方針を採用。また皇室基盤の拡充を図り、日本鉄道会社の設立にも関わった。

関連人物

  • 孝明天皇(第121代天皇):岩倉が侍従として仕えた。
  • 和宮(孝明天皇の妹宮):公武合体策の一環で将軍徳川家茂に降嫁。
  • 明治天皇(第122代天皇):主。
  • 徳川慶喜(第15代将軍):政権を天皇に返上する事を奏上。
  • 堀田正睦(老中):日米条約調印の勅許を得ようとするが却下された。
  • 三条実美(尊攘派公卿):岩倉らを佐幕派として弾劾、一時失脚させた。
  • 大久保利通(薩摩藩出身):新政府首脳・岩倉使節団副使。
  • 木戸孝允(長州藩出身):新政府首脳・岩倉使節団副使。
  • 伊藤博文(長州藩出身):新政府首脳・岩倉使節団副使。
  • 西郷隆盛(薩摩藩出身):新政府首脳・征韓論問題に敗れて下野。

(2017/08/12 改作)