ファン・エイクの似顔絵

ヤン・ファン・エイク,ヤン・ファン・アイクのイラスト

ヤン・ファン・エイク

Jan van Eyck(1390?-1441)
初期フランドル派の画家

リエージュ出身とされる。1422年にバイエルン公ヨハン3世の宮廷画家となる。ヨハンの死後、ブルゴーニュ公フィリップ3世の招きでブルッヘに移住し、公の近侍兼宮廷画家として活躍した。旧来のテンペラに代わる油彩画法を改良し、より鮮明な着彩と精緻な表現を確立。同業の兄フーベルトの「ヘントの祭壇画」を補完させたほか、「宰相ロランの聖母」「ファン・デル・パーレの聖母子」といった宗教画や、「アルノルフィーニ夫妻像」などの肖像画で名高い。

関連人物

  • フーベルト・ファン・エイク(画家):兄。
  • ヨハン3世(バイエルン公):庇護者。
  • フィリップ3世(ブルゴーニュ公):庇護者。
  • カンピン(画家):初期フランドル派の画家。
  • ファン・デル・ウェイデン(画家):初期フランドル派の画家。

参考リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする