フラゴナールの似顔絵

フラゴナールのイラスト

ジャン・オノレ・フラゴナール

Jean Honoré Fragonard(1732-1806)
フランス・ロココ様式の画家

南フランス出身。家族とパリへ移住し、シャルダンやブーシェに師事。20歳でローマ賞を得てイタリアへ留学、バロック絵画やオランダ絵画の影響を受ける。帰国後の1765年、歴史画「コレシュスとカリロエ」で絶賛されるが、アカデミーやサロンからは距離を置き、自由な立場で私的な顧客との注文制作を手掛ける。恋愛の情景など甘美で官能的な主題による風俗画で好評を博すも、革命後の急激な社会情勢の変化に伴って人気を失い、晩年は不遇だった。

関連人物

  • シャルダン(画家):師。
  • ブーシェ(画家):師。
  • ヴァン・ロー(画家):師。
  • ロベール(風景画家):交流。
  • ティエポロ(画家):ローマ滞在時に影響を受けた。
  • ルーベンス(画家):ローマ滞在時に影響を受けた。
  • レンブラント(画家):ローマ滞在時に影響を受けた。
  • ロイスダール(風景画家):ローマ滞在時に影響を受けた。
  • ディドロ(美術評論家):フラゴナールの貴族趣味的な作風を批判した。
  • モリゾ(印象派の画家):子孫。

参考リンク

(2011/10/10 改作)