シュンペーターの似顔絵

シュンペーターのイラスト

ヨーゼフ・シュンペーター

Joseph Alois Schumpeter(1883-1950)
オーストリア、アメリカの経済学者

モラヴィア地方出身。ウィーン大学卒業後、グラーツ大学、ボン大学などの教授を歴任。オーストリア蔵相、銀行頭取を経て1932年に渡米し、ハーバード大学教授となった。ワルラスの一般均衡理論を受けて市場の均衡状態を沈滞と見なし、経済発展の原動力は企業者の行うイノベーション(財貨生産、生産方式、販路開拓、資源確保、組織改善の新機軸)にあると主張。またこの不断の革新による経済活動の新陳代謝を「創造的破壊」と表現した。

我々が取り扱おうとしている変化は経済体系の内部から生ずるものであり、それはその体系の均衡点を動かすものであって、しかも新しい均衡点は古い均衡点からの微分的な歩みによっては到達しえないようなものである。郵便馬車をいくら連続的に繋げても、それによって鉄道を得ることは決して出来ないだろう。

「経済発展の理論」

関連人物

  • テュルゴー(経済学者):シュンペーターが影響を受けた。
  • マルクス(経済学者):シュンペーターが影響を受けた。
  • ワルラス(経済学者):シュンペーターが影響を受けた。
  • シュモラー(経済学者):シュンペーターが影響を受けた。
  • ベーム=バヴェルク(経済学者):ウィーン大学の師。
  • ウェーバー(社会学者):社会主義の是非を巡って論争。
  • ケインズ(経済学者):同い年の論敵。
  • サミュエルソン(経済学者):弟子。
  • ドラッカー(経営学者):イノベーション理論を経営学へ応用。
  • ソロー(経済学者):シュンペーターの影響を受けた。

作品提供

(2016/10/25 改作)