北里柴三郎の似顔絵

北里柴三郎のイラスト

北里柴三郎

きたさとしばさぶろう(1853-1931)
明治時代~昭和初期の医学者・細菌学者
伝染病研究所初代所長

肥後国出身。東京大学医学部卒業後、内務省衛生局へ入局。緒方正規の紹介でドイツ留学し、コッホに師事する。1889年、破傷風菌の純粋培養に成功して「血清療法」を開発、翌年にはジフテリアにも応用させ、ベーリングとの共同発表で世界的な名声を得た。帰国後は伝染病研究所の所長となるが、文部省による東大移管計画に反対して辞職し、私財を投じて北里研究所を設立。後年は慶應義塾大学医学部の創設に関わったほか、日本医師会会長などを歴任した。

関連人物

  • 長与専斎(医学者):内務省衛生局長。緒方洪庵の弟子。
  • 緒方正規(医学者):同郷で東大同期。北里にドイツ留学を勧めた。
  • コッホ(細菌学者):ベルリン大学の師。
  • ベーリング(細菌学者):ジフテリアの血清について共同研究。
  • 森鴎外(小説家・軍医):ベルリン滞在時に交流。
  • 福沢諭吉(思想家):伝染病研究所の創設を支援。
  • 青山胤通(医学者):北里に代わって伝染病研究所の所長に就いた。
  • 志賀潔(細菌学者):弟子。伝染病研究所所所員。
  • 秦佐八郎(細菌学者):弟子。伝染病研究所所員。
  • 野口英世(細菌学者):弟子。伝染病研究所所員。

(2010/10/28 改作)