キリヌケ成層圏

歴史上の人物の似顔絵を切り絵で描くブログ(画風改造中)

メッテルニヒの似顔絵

2014/05/20

メッテルニヒのイラスト

クレメンス・フォン・メッテルニヒ

Klemens von Metternich(1773-1859)
オーストリアの外交官・政治家
オーストリア帝国宰相

コブレンツ(ドイツ)出身。ストラスブール大学在学中にフランス革命に接し、ナショナリズムへの警戒心を抱く。駐仏大使を経て外相となり、皇女マリー・ルイーズとナポレオンとの結婚を画策。1814年からウィーン会議を主宰し、ロシア皇帝の神聖同盟を反動的理念に利用、また英・露・普と四国同盟を結んで自由主義・国民主義運動を弾圧。宰相として大国間の勢力均衡「ウィーン体制」を支えるが、次第に影響力を失い、1848年の三月革命で失脚した。

関連人物

  • フランツ1世(オーストリア皇帝):主。メッテルニヒを登用して国政を任せた。
  • マリー・ルイーズ(オーストリア皇女):メッテルニヒの仲介でナポレオンと結婚。
  • ナポレオン(フランス皇帝):ロシア遠征の失敗を機に対仏連合軍に包囲される。
  • アレクサンドル1世(ロシア皇帝):ウィーン会議で神聖同盟を主唱。
  • ハルデンベルク(プロイセン宰相):ウィーン会議で領土拡大に成功。
  • タレーラン(フランス外相):ウィーン会議で正統主義を唱えて国益を擁護。
  • カニング(イギリス外相):中南米諸国の独立を支援し、ウィーン体制に反抗。
  • モンロー(アメリカ大統領):中南米諸国と欧州諸国との相互不干渉を表明。
  • リスト(経済学者):ドイツの経済的統一を唱え、メッテルニヒ政権と対立。
  • ワーグナー(音楽家):1849年の革命運動に失敗し、スイスへ亡命。

-似顔絵, 世界の人物, オーストリア, ドイツ
-