小村寿太郎の似顔絵

小村寿太郎,小村壽太郎のイラスト

小村寿太郎

こむらじゅたろう(1855-1911)
明治時代の外交官・政治家

日向国飫肥藩出身。大学南校と留学先のハーバード大で法律を専攻。外務省で陸奥宗光に認められ、政務局長・外務次官などを歴任し、対清・対韓外交に当たった。桂内閣で外相となり、1902年に日英同盟を締結。日露戦争のポーツマス講和会議では全権を務める。晩年には韓国併合を推進し、その一方で条約改正にも成功して関税自主権の回復を果たした。

関連人物

  • 陸奥宗光(外務大臣):小村を引き立てた。
  • 桂太郎(第11・13代首相):小村が外相として入閣。
  • ヴィッテ(ロシア高官):ポーツマス講和会議のロシア全権。
  • ハリマン(鉄道経営者):満鉄の日米共同運営を提案したが拒否された。