レオポルト・モーツァルトの似顔絵

レオポルト・モーツァルトのイラスト

レオポルト・モーツァルト

Leopold Mozart
(1719-1787)
ドイツ、オーストリアのヴァイオリニスト・作曲家
ザルツブルク大司教領宮廷作曲家・宮廷副楽長

アウクスブルク出身。ザルツブルク大学で哲学と法学を学ぶが、音楽に没頭するあまり除籍となる。その後ザルツブルクの伯爵家の楽士に採用され、次いでザルツブルク宮廷楽団のヴァイオリニストとして活動。1756年に教則本「ヴァイオリン奏法」を出版し、シンフォニアや協奏曲などを手掛けた作曲家でもあったが、今日では専ら息子ヴォルフガングに英才教育を施し、ヨーロッパ各地を回って有力諸侯に売り込んだという「業績」で語られる。

関連人物

  • マリア・アンナ・モーツァルト(音楽家):三女。愛称ナンネルで知られる。
  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(音楽家):三男。
  • シュラッテンバッハ(ザルツブルク大司教):主。モーツァルト父子の庇護者。
  • エーベルリン(音楽家):同郷。大司教宮廷楽団の先輩オルガニスト。
  • マクシミリアン3世ヨーゼフ(バイエルン選帝侯):1762年に一家と対面。
  • マリア・テレジア(神聖ローマ皇后):1762年に一家と対面。
  • ルイ15世(フランス国王):1764年に一家と対面。
  • ジョージ3世(イギリス国王):1764年に一家と対面。
  • ハイドン(音楽家):ヴォルフガングの弦楽四重奏曲を聴き、その才能を賞賛。
  • ナルディーニ(音楽家):友人。
  • ヴェルフル(音楽家):弟子。

参考資料

  • ロレンツォーニ:レオポルト・モーツァルトの肖像(モーツァルト博物館蔵)

(2013/03/16 改作)