クラナッハの似顔絵

クラナッハのイラスト

ルーカス・クラナッハ

Lucas Cranach der Ältere(1472-1553)
ドイツ・ルネサンス期の画家

オーバーフランケン出身。画家の家系に生まれ。アルトドルファーらドナウ派の影響を受ける。1505年からザクセン選帝侯の宮廷画家として仕え、ヴィッテンベルクに大工房を構えて祭壇画や肖像画を制作。晩年は選帝侯位を追われた主人に従ってヴァイマルで過ごした。「アダムとイヴ」や「ヴィーナス」を主題とした独特の官能美を醸す裸体画のほか、ルターの友人として宗教改革運動を支持し、改革文書や聖書の挿絵、運動推進者の肖像なども描いた。

関連人物

  • アルトドルファー(画家):クラナッハが影響を受けた。
  • グリューネヴァルト(画家):クラナッハが影響を受けた。
  • マサイス(画家):クラナッハが影響を受けた。
  • フリードリヒ3世(ザクセン選帝侯):庇護者。
  • ヨハン(ザクセン選帝侯):庇護者。
  • ヨハン・フリードリヒ(ザクセン選帝侯):庇護者。
  • ルター(宗教改革者):友人。クラナッハが肖像を描いた。
  • メランヒトン(人文主義者):クラナッハが肖像を描いた。
  • ルーカス・クラナッハ(画家):同名の子。

参考リンク