前原一誠の似顔絵

前原一誠のイラスト

前原一誠 / 佐世八十郎

まえばらいっせい / させやそろう(1834-1876)
幕末の長州藩士、明治時代の政治家

長門国出身。本姓は佐世氏。吉田松陰の松下村塾に入り、長崎へ遊学。1862年に脱藩し、久坂玄瑞らと公武合体を唱える長井雅楽の暗殺を図った。のち高杉晋作らの挙兵に応じて藩権を握ると、幕長戦争で小倉口へ参戦、戊辰戦争では北越・会津戦争に活躍する。維新後の新政府で参議・兵部大輔を歴任するが、政府の改革方針に合わず辞職。帰郷後は各地の不平士族と連携し、熊本神風連の乱に呼応して挙兵するも、捕らえられ処刑された(萩の乱)。

関連人物

  • 吉田松陰(長州藩士・思想家):松下村塾の師。
  • 高杉晋作(長州藩士):同志。
  • 久坂玄瑞(長州藩士):同志。
  • 長井雅楽(長州藩士):公武合体派。前原・久坂らの標的にされた。
  • 三条実美(尊攘派公卿):政変で長州へ落ちた際、前原が御用掛についた。
  • 大村益次郎(新政府幹部):前任の兵部大輔。国民皆兵を目指した兵制改革を指導。
  • 木戸孝允(新政府参議):国民皆兵路線を支持して、反対派の前原と対立。
  • 太田黒伴雄(熊本県士族):廃刀令に反対して神風連の乱を起こした。
  • 奥平謙輔(山口県士族):前原を盟主に萩の乱を起こすが、敗れて処刑された。
  • 三浦梧楼(陸軍軍人):広島鎮台司令長官として萩の乱を鎮圧。