キュリー夫人の似顔絵

キュリー夫人のイラスト

マリ・キュリー

Marie Curie / Marie Skłodowska-Curie(1867-1934)
ポーランド、フランスの物理学者

ワルシャワ出身。家庭教師を経て、1891年にフランスへ渡り、パリ大学で物理学と数学を修める。夫ピエールと共に放射線について研究し、放射線を出す性質を「放射能」と命名。またピッチブレンドからポロニウムとラジウムを発見、さらに金属ラジウムの分離に成功。これらの功績で1904年にノーベル物理学賞、次いで11年に化学賞を受賞した。第一次大戦時はX線検査班を組織して医療活動に従事、その後は各地で研究所の設立や指導に携わった。

関連人物

  • ピエール・キュリー(物理学者):夫。
  • イレーヌ・キュリー(物理学者):長女。
  • ベクレル(物理学者):放射線の発見者。のち共同でノーベル賞を受賞。
  • ケルヴィン卿(物理学者):交流。
  • ドマルセー(化学者):友人。新元素のスペクトル分析で協力。
  • ラザフォード(物理学者):放射線を研究し、放射性壊変の理論を提唱。