ハイデッガーの似顔絵

ハイデッガー,ハイデガーのイラスト

マルティン・ハイデッガー

Martin Heidegger(1889-1976)
ドイツの哲学者

バーデン大公国出身。フライブルク大学で神学を学び、のち哲学へ転向。当初は新カント学派の影響を受け、次いでフッサールの現象学に啓発されて助手となり、母校の教授に就任する。1927年に未完の主著「存在と時間」を刊行、現存在としての人間存在を世界的内在として分析しつつ、その根本的意味としての時間性から解釈しようと試みた。1930年代以降は存在そのものを直接問う方向へ向かい、これと関連してヘルダーリンなどの詩を研究した。

関連人物

  • ブレンターノ(哲学者・心理学者):ハイデッガーが影響を受けた。
  • キェルケゴール(哲学者):ハイデッガーが影響を受けた。
  • リッケルト(哲学者):フライブルク大学の師。
  • フッサール(哲学者):フライブルク大学の師。
  • ドゥンス・スコトゥス(神学者):ハイデッガーが論考した。
  • カント(哲学者):ハイデッガーが論考した。
  • ヘルダーリン(詩人):ハイデッガーが論考した。
  • ニーチェ(哲学者):ハイデッガーが論考した。
  • ヤスパース(哲学者):共に実存主義哲学を代表する人物。
  • アーレント(政治思想家・哲学者):弟子。