正岡子規の似顔絵

正岡子規のイラスト

正岡子規

まさおかしき(1867-1902)
明治時代の俳人・歌人

伊予国出身。松山中学を中退して上京、大学予備門へ入り夏目金之助(漱石)を知る。この頃から和歌や俳句を作り始め、帝国大学国文科を中退後に日本新聞社へ入社。日清戦争従軍の帰途で喀血し、のち脊椎カリエスとなり闘病しながら創作を継続。1897年創刊の俳誌「ホトトギス」を支援、翌98年には「歌よみに与ふる書」で和歌の革新を唱え、根岸短歌会を主催。また写生の必要性を説き、「墨汁一滴」「病牀六尺」などの随筆も手掛けた。

関連人物

  • 紀貫之(歌人):子規に「下手な歌詠み」と酷評された。
  • 松尾芭蕉(俳人):子規が高く評価した。
  • 与謝蕪村(俳人):子規が影響を受けた。
  • 秋山真之(海軍軍人):親友。
  • 夏目漱石(小説家):大学予備門の同窓。
  • 南方熊楠(博物学者):大学予備門の同窓。
  • 陸羯南(ジャーナリスト):日本新聞社の社長で、子規の庇護者。
  • 高浜虚子(俳人):門弟。
  • 河東碧梧桐(俳人):門弟。
  • 伊藤左千夫(歌人):門弟。