ラヴェルの似顔絵

ラヴェル,ラベルのイラスト

モーリス・ラヴェル

Joseph-Maurice Ravel
(1875-1937)
フランスの作曲家

バスク地方出身。パリ音楽院でピアノと作曲を学ぶ。ローマ大賞の受賞は逃すものの、「亡き王女のためのパヴァーヌ」「水の戯れ」などのピアノ作品で名声を獲得。第一次大戦を経て、アメリカでも成功するが、晩年は交通事故の後遺症に悩まされた。各地の民族音楽やジャズなどから影響を受け、古典主義的な明快さと精緻な書法が特徴。2曲のピアノ協奏曲、管弦楽曲「スペイン狂詩曲」、バレエ音楽「ダフニスとクロエ」「ボレロ」などで知られる。

関連人物

  • フォーレ(作曲家):パリ音楽院の師。
  • ジェダルジュ(作曲家):パリ音楽院の師。
  • シャブリエ(作曲家):ラヴェルが影響を受けた。
  • ドビュッシー(作曲家):ラヴェルが影響を受けた。
  • サティ(作曲家):ラヴェルが影響を受けた。
  • ケクラン(作曲家):ラヴェルらと独立音楽協会を設立。
  • ファリャ(作曲家):友人。
  • ストラヴィンスキー(作曲家):友人。
  • F.クープラン(作曲家):ラヴェルがオマージュ作品を作曲した。
  • ムソルグスキー(作曲家):ラヴェルが「展覧会の絵」を管弦楽編曲した。
  • マラルメ(詩人):ラヴェルが3つの詩を選んで歌曲にした。
  • バクスト(画家):「ダフニスとクロエ」の舞台美術を担当。

(2017/10/02 改作)