エッシャーの似顔絵

エッシャーのイラスト

マウリッツ・エッシャー

Maurits Cornelis Escher(1898-1972)
オランダの版画家

レーワルデン出身。ハールレムの建築装飾美術学校で装飾美術を学び、当初は主に風景画を制作。1936年のスペイン旅行で、アルハンブラ宮殿やモスクのイスラーム・モザイクに刺激を受け、幾何学模様の作風を模索する。また地質学者の兄から助言を受けて平面充填についても研究し、無限と有限、平面と空間が交錯する数学的な「だまし絵」の世界を創作。50年代になってアメリカで知られるようになり、晩年の回顧展で国際的な評価を得た。

関連人物

  • コクセター(数学者):エッシャーに幾何学の助言を行った。
  • ペンローズ(数学者):不可能図形を考案し、エッシャーに影響を与えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする