セルバンテスの似顔絵

セルバンテスのイラスト

ミゲル・デ・セルバンテス

Miguel de Cervantes Saavedra(1547-1616)
スペインの軍人・作家

マドリード近郊出身。外科医の父に従ってスペインやイタリアの各地を転々とする。のち海軍に入り、1571年のレパントの海戦では左腕を犠牲にしながら武功を立てた。帰還途中に海賊に襲われ5年間の虜囚生活を送り、帰国後は無敵艦隊の食料調達係や徴税使などを務めるが、投獄や破門のほか金銭問題に巻き込まれるなど不遇な日々を過ごす。その一方で晩年まで旺盛に執筆活動を続け、特に1605年発表の小説「ドン・キホーテ」は高い評価を受けた。

関連人物

  • フェリペ2世(スペイン国王):スペイン最盛期の君主。
  • フアン(スペインの軍人):上官。フェリペの異母弟で連合艦隊総司令官。
  • ドストエフスキー(小説家):「ドン・キホーテ」を悲劇的に解釈した。
  • パイジェッロ(作曲家):歌劇「ラ・マンチャのドン・キホーテ」を作曲。
  • マスネ(作曲家):歌劇「ドン・キホーテ」を作曲。
  • リヒャルト・シュトラウス(作曲家):交響詩「ドン・キホーテ」を作曲。