南方熊楠の似顔絵

南方熊楠のイラスト

南方熊楠

みなかたくまぐす(1867-1941)
明治時代〜昭和初期の博物学者・菌類学者

和歌山県出身。大学予備門を中退して渡米、渡英し、ほぼ独学で動植物学を研究。イギリスでは大英博物館で図書目録編集の職に携わった。1900年に帰国して田辺に住し、粘菌類などの採集や研究を進める一方、民俗学にも関心を示して多くの雑誌に論考を寄せ、柳田國男とも交流する。また政府の神社合祀令に反対運動を起こし、特に田辺湾内の神島の保護を訴えた。1929年には南紀行幸の昭和天皇を迎えて進講、標本を献上している。

雨にけふる神島を見て 紀伊の国の生みし南方熊楠を思ふ

1962年、昭和天皇南紀行幸時の御製

関連人物

  • 夏目漱石(小説家):大学予備門の同窓。
  • 正岡子規(俳人):大学予備門の同窓。
  • 秋山真之(海軍軍人):大学予備門の同窓。
  • 孫文(革命家):ロンドン亡命中に熊楠と交流。
  • 柳田國男(民俗学者):交流。
  • 昭和天皇(第124代天皇):南紀行幸の際、熊楠から進講を受けた。