源義朝の似顔絵

源義朝のイラスト

源義朝

みなもとのよしとも(1123-1160)
平安末期の武将

源為義の長男。少年期に東国へ下向し、父とは独立して上総氏や三浦氏などの在地豪族の連携の下に地盤を築く。帰京後は鳥羽上皇に信任されて従五位下・下野守に就任。保元の乱では平清盛と共に後白河天皇方の中核として活躍、戦後に父や弟らを処刑した。やがて後白河院政下で朝政を主導する信西を排除すべく、院近臣の藤原信頼と結んでクーデターを決行。しかし清盛率いる平家の官軍に敗れ、東国へ落ちる途上で家人に謀殺された(平治の乱)。

義朝はこれまで幾度なく私戦をしてきた。その度に朝廷からいかなるお咎めを受けるかと内心恐れていた。それが今、追討の宣旨を受け、これより敵と相見える。この心の何と清々しいことか。

慈円「愚管抄」
保元の乱・出陣時の発言

関連人物

  • 鳥羽法皇(第74代天皇):主君。東国から帰京した義朝が接近。
  • 後白河天皇(第77代天皇):主君。保元の乱で義朝が与した。
  • 信西(鳥羽院近臣):保元の乱後に為義一族の処刑を厳命した。
  • 藤原信頼(後白河院近臣):反信西派。武蔵の知行国主であり、義朝と縁が深かった。
  • 平清盛(平氏の棟梁):保元の乱に勝利後、最大の軍事貴族として台頭。
  • 源為義(源氏の武将):父。早くから離別し、保元の乱でも敵対。
  • 源為朝(源氏の武将):異母弟。九州で勢力を築き、保元の乱で一戦交えた。
  • 源義平(源氏の武将):長男。平治の乱で敗戦後、清盛暗殺に失敗して処刑された。
  • 源頼朝(源氏の棟梁):三男。平治の乱の敗戦後に捕らえられ、伊豆へ流された。
  • 源義経(源氏の大将):九男。義朝の敗死により、鞍馬寺へ預けられた。

参考資料

  • 「平治物語絵巻」より