毛利元就の似顔絵

毛利元就のイラスト

毛利元就

もうりもとなり(1497-1571)
室町後期~戦国時代の国人領主・大名
安芸毛利氏当主

安芸国人領主・毛利弘元の次男。兄と甥の早世により家督を継ぎ、吉田郡山城主となる。出雲尼子氏から周防大内氏へ転属し、近隣国人や家中の勢力争いを制して安芸をほぼ統一。1555年、大内氏の実権を握った陶晴賢を厳島の戦いで撃破。次いで月山富田城で尼子義久を降し、中国地方8ヶ国を支配する大大名にのし上がった。また次男元春を吉川氏、三男隆景を小早川氏の養子として一族の結束を強化。戦術よりも外交と調略に長けた謀将として名高い。

関連人物

  • 正親町天皇(第106代天皇):財源難のため、元就の献上金により即位。
  • 尼子晴久(出雲の大名):旧主。毛利氏の勢力拡大を警戒。
  • 尼子義久(出雲の大名):晴久の子。毛利氏との戦いを継続するが降伏。
  • 大内義隆(周防の大名):主君。重臣陶晴賢の謀反により滅ぼされた。
  • 陶晴賢(大内氏重臣):厳島の戦いで元就の奇襲を受けて敗死。
  • 大内義長(周防の大名):晴賢に担がれた傀儡。元就の防長経略により自害。
  • 毛利隆元(毛利家当主):長男。主に内政面で活躍。毛利輝元の父。
  • 吉川元春(毛利家家臣):次男。吉川氏の家督を奪い、山陰方面を攻略。
  • 小早川隆景(毛利家家臣):三男。小早川氏の家督を奪い、山陽方面を攻略。
  • 宍戸隆家(安芸国人領主):婿。重臣として元春・隆景らと共に活躍。

参考資料

  • 毛利元就像(毛利博物館蔵)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする