武者小路実篤の似顔絵

武者小路実篤のイラスト

武者小路実篤

むしゃのこうじさねあつ(1885-1976)
明治時代~昭和後期の小説家・劇作家

東京麹町出身。東京帝国大学哲学科中退。1910年に学友の志賀直哉らと同人誌「白樺」を創刊。学習院時代から傾倒していたトルストイの思想を受けつつ、自我肯定の雑感や評論を展開。1918年、理想社会の実践として宮崎県に「新しき村」を興す。第二次大戦中は戦争協力の姿勢を示して戦後に公職追放となるが、処分解除後は文壇に戻って執筆を続けた。代表作に「お目出たき人」「友情」「真理先生」など。また美術に関心を持ち、自ら絵筆をとった。

関連人物

  • 志賀直哉(小説家):学友。白樺派同人。
  • 木下利玄(歌人):学友。白樺派同人。
  • 有島武郎(小説家):学友。白樺派同人。
  • トルストイ(小説家):実篤が影響を受けた。
  • 長与善郎(小説家):白樺派同人。長与専斎の子。
  • 柳宗悦(思想家):白樺派同人。
  • 岸田劉生(洋画家):交流。
  • ロダン(彫刻家):白樺派が紹介した。
  • 井原西鶴(浮世草子作者):実篤が伝記小説を執筆。