陸奥宗光の似顔絵

陸奥宗光のイラスト

陸奥宗光

むつむねみつ(1844-1897)
幕末の紀州藩士、明治時代の政治家

紀州藩士伊達宗広の六男。尊攘運動に関わり、坂本龍馬の海援隊で活動。維新後は新政府に出仕するが、西南戦争時の土佐立志社の挙兵計画に加担したとして投獄された。出獄後、駐米公使、農商務相を経て伊藤内閣の外相に就き、日英条約改正に成功。朝鮮問題から日清戦争へ至る外交を展開し、伊藤と共に下関条約に調印。ほどなく肺結核のため死去した。

関連人物

  • 坂本龍馬(土佐浪士):亀山社中・海援隊で行動を共にした盟友。
  • シュタイン(法学者):出獄後にオーストリアへ渡った陸奥が師事。
  • 山県有朋(第3代首相):陸奥が農商務相として入閣。
  • 松方正義(第4代首相):陸奥が農商務相として入閣。
  • 伊藤博文(第5代首相):陸奥が外相として入閣。
  • 古河市兵衛(実業家):陸奥の息子を養子に迎え、姻戚関係を結んだ。
  • 田中正造(立憲改進党):足尾鉱毒事件の質問書を陸奥に黙殺された。
  • 星亨(立憲政友会):陸奥に引き立てられた。
  • 原敬(立憲政友会):陸奥に引き立てられた。
  • 李鴻章(清国欽差大臣):日清戦争の講和のため下関条約に調印。