鍋島直正の似顔絵

鍋島直正,鍋島斉正,鍋島閑叟のイラスト

鍋島直正 / 鍋島閑叟

なべしまなおまさ / なべしまかんそう(1815-1871)
幕末の外様大名、明治初期の政治家
肥前佐賀藩第10代藩主

鍋島斉直の十七男。初名は斉正。1830年に父から家督を継ぐと、破綻寸前の藩財政を再建すべく殖産興業を推進。外国船出没に備え、長崎警備を重視して軍備の近代化を実施、反射炉を建築して大砲の製造体制を整えた。また蘭癖で知られ、蘭学を奨励して種痘の普及にも貢献。幕末期の佐幕・尊王・公武合体派とは慎重に距離を置きつつ、戊辰戦争では強力な軍事力によって官軍に重きをなす。新政府では議定に列し、蝦夷開拓使長官などに就いた。

関連人物

  • 鍋島斉直(第9代佐賀藩主):父。フェートン号事件で一時閉門になった。
  • 徳川家斉(第11代将軍):主君で義父(正室の父)。
  • 島津斉彬(第11代薩摩藩主):母方の従兄(斉彬の母と直正の母が異母姉妹)。
  • 松平慶永(第16代福井藩主):継室の兄。
  • 伊達宗城(第8代宇和島藩主):姉婿。
  • 島義勇(佐賀藩士)
  • 副島種臣(佐賀藩士)
  • 江藤新平(佐賀藩士)
  • 大隈重信(佐賀藩士)
  • 楢林宗健(蘭方医):斉正の命を受け、牛痘接種を実施。