マキャヴェッリの似顔絵

マキャヴェッリ,マキャベリ,マキャヴェリのイラスト

ニッコロ・マキャヴェッリ

Niccolo Machiavelli(1469-1527)
イタリアの政治思想家・外交官

フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長として軍政・外交に携わり、ピサの反乱鎮圧に活躍。1512年、メディチ家の復権により共和政が崩壊して失職。隠棲中に書き溜めた主著「君主論」をロレンツォに献上し、メディチ政権への接近に成功。政治顧問・外交使節として重用され、著作家としても評価を得るが、皇帝軍によるローマ略奪が起き再び失脚、失意のうちに病死した。政治を宗教的倫理と切り離した現実主義的な政治理論を創始した。

関連人物

  • ソデリーニ(政治家):フィレンツェの指導者。
  • リウィウス(歴史家):マキャヴェッリが「ディスコルシ」で論じた。
  • チェーザレ・ボルジア(専制君主):「君主論」のモデル。
  • ロレンツォ2世(フィレンツェ僭主):「君主論」を献呈された。
  • ジュリオ・デ・メディチ(枢機卿):「フィレンツェ史」の執筆を依頼。
  • カール5世(神聖ローマ皇帝):ローマ略奪を引き起こした。
  • グイッチャルディーニ(歴史家):友人。
  • フリードリヒ大王(プロイセン王):「反マキャヴェッリ論」を著した。